障害者スポーツセンターのご案内

ようこそ!
東京都障害者スポーツセンターへ

東京都には「障害者総合スポーツセンター(北区)」と「多摩障害者スポーツセンター(国立市)」の二つの障害者スポーツセンターがあります。

開設して20年を超える施設ですが、まだまだご存知ない方も多く『スポーツセンターって大会にでるような選手がトレーニングするところ?』『障害児は利用できないのかしら?』など、わからないことが沢山あるでしょう。

そこで二つのスポーツセンターを障害者の皆さんがどんな風に利用しているのか、ご案内します!

スポーツセンターの日常

シーン1)受付

受付風景

玄関を入るとすぐに受付でスタッフがお待ちしています。

初めて利用される方へのご説明や利用証の発行手続き、施設利用のカード交換や団体・宿泊利用まで利用に関するあらゆる手続きの窓口となります。

シーン2)相談業務

Dr.による医事相談風景

初めて利用するときは「どんなことが出来るのかな」「何に注意したらいいのかな」などなど不安も多いことでしょう。

そんなときには迷わずお声かけ下さい。

ベテランスポーツスタッフや常駐看護師、必要な方には医師がご相談に応じます。

シーン3)各施設利用風景

普段はカチカチの体も伸びる』
ストレッチ風景

リハ・体力作り風景

「いきなりスポーツなんて・・・私には無理・・・」という方も多いでしょう。初めから頑張りすぎず、まずは体を動かしてみませんか?

プールって泳ぐだけじゃないんです』
リラクゼーション・歩行

『家族みんなで思いっきり遊ぼっ』
あそびの広場風景

『仲間とグランドゴルフで気分転換と体力アップ』
グランドゴルフ

競技スポーツ風景

『僕らもいつかは・・・』
ジュニアのレーサー競技

やるからには「夢は大きく、パラリンピック」、選手を目指す方も仲間と一緒にいい汗かきましょう。

シーン4)仲間が増えれば

仲間が増えればクラブ活動もまた楽しい

フラダンスサークル/フラハウオリ

太極拳サークル/春風会

センター事業紹介

スポーツセンターでは一年を通して多くの事業を行なっています。

シーン1)各種教室

これから始めたい方のための入門教室から、さらにレベルアップしたい方の教室まで、レベルも種目もさまざまなニーズに応える教室を開催しています。

シーン2)各種大会

少し自信がついてきたら腕試しに大会参加もいいですね。センターの大会から都大会・関東・全国・・・・へとステップアップしていく方も増えています。

シーン3)交流風景

季節の行事やスポーツを通じて障害のある人もない人も一緒に楽しむ事業もあります。

利用者の方や家族はもちろん、近隣地域の皆さんと楽しい交流の時間を過ごします。

シーン4)講習会

障がい者スポーツ指導員やボランティア活動のための講習会を開催しています。

時には外へお出かけして、イベントのお手伝いも!!